上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.28 一個人
「一個人」という雑誌、3月号は保存版特集。 そのタイトルは「戦国武将入門」!!!

さて、ワシもこの機会にサラリーマンを辞めて「戦国武将」に入門しちゃおうかな!?
と早速買いました。

中身は戦国一色なので結構楽しめますが、すでに自分は戦国武将だったので入門書では満足できませんでした。

雑誌の戦国特集は合戦の解説を読むと「ふむふむ」とか「この程度か」とか監修の方のレベルが判りますよね。
特に関ヶ原、設楽原あたりを読むとがっかりしたりすることがあります。今回は無茶な点も気づきましたが、小瀬甫庵のことが解説してあったり結構面白かったよ。
甲冑名鑑は、よく見るの甲冑さんが勢ぞろいで、いまひとつでした。 どこかの小さな博物館に足を運び、素敵な甲冑写真を撮ってきてほしかったねー。
記事に「戦国武将44人の家紋を読む」ってのがあったんだけど家紋と馬印をごちゃ混ぜに解説してありダメダメでした。

「名将の生き様」として、やはり幸村・正宗は大きく取り上げられています。 安心ください、幸村は大坂陣では歯が抜けた爺さんだった・・・とは書いてありませんでした。 毎度お馴染みのカッコいいイラストでしたよ!

さて、龍馬人気で下火になったか戦国ブーム? この雑誌を読んで「戦国武将」になる人・・・楽しみです。

DSCN3412.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://heartland3.blog65.fc2.com/tb.php/121-2643439f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。