上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日曜日は家族でハートランドに乗った。
長いこと、嫁と付き合っているが前回いっしょに乗ったのは長男がお腹の中にいるのに
ホビーキャット16でセーリングしたのが最後だ。
ディンギーとクルーザではクルーの仕事が全然違う・・・。

さて、今回の家族セーリングでクルーの有難さが身にしみた・・・。
海の上で何もかも自分ひとりでやるのは大変! 自分で楽しむどころではなかった。
セーリングなんてとても出来る状況ではない。
天気もよく、お台場でアンカリングして飯食っただけなので家族には好評だった。

今度、家族や友人で乗るときはハートランドクルーを1人 乗せてから出航することを強くお勧めする。 声をかけてくれれば拙者は出来るだけ乗船しようと思う。

反省点
・クルーが素人のときの離岸・着岸訓練不足で慌てた。
・大潮だったので深度、乗り上げに神経を使った。
・360°四六時中 一人で見張りが必要。
・アンカーが抜けずに焦った。(5分がんばって、無事抜けた)

船のほうはエンジンの冷却水の出が弱く感じる、針金で突いても変わらず。
トイレのパッキン要交換、ポンピング時に水が漏れています。
船底掃除の効果あり! バラストを排水して、まあまあ走りました。

IMG_0038_20080519223133.jpg

IMG_0043.jpg
スポンサーサイト
能登での1泊目は「能登小牧台」公共の宿だと思いますが、リーズナブルな価格で設備も新しくて快適でした。なかでも露天風呂(自分ひとりしか入っていなかった)に入りながら眺める日の出でした。
AM5:00起きですが、価値ある早起きです。

5/3
ゆっくり朝食の後、チャックアウト。 ツインブリッジをわたり能登島で須曾蝦夷穴古墳を観ます。
IMG_0053_20080517201837.jpg

IMG_0057_20080517201842.jpg

石室まで入れるのだ。 和倉温泉を眺めつつ、目指すは「輪島の朝市」。
朝市は、うーん漁師町で育った拙者にとっては特に珍しいものではなかった・・・。ふらっと入った骨董屋さんで芝居用と思われる「アルミ刀身の模造刀」を発見! 値札の半額まで値切って購入。
この手の取引は「絶対に欲しそうにしない事」ですかね。 はい、良い買い物でした。
さらに能登半島を北上、千枚田は海とのコントラストが素敵でした。
IMG_0068_20080517201848.jpg
昼飯はその名も「庄屋の館」という古民家を移築した食事処で海の幸を満喫。海からの風が爽やか。
IMG_0086.jpg

禄剛崎をぐるりとまわって、能登のシンボル?「見附島」へ、この島は期待どおり素晴らしい形をしています! うーん軍艦島と呼ぶにふさわしい島です。
IMG_0096.jpg
IMG_0104_20080517201939.jpg

九十九湾の「のと海洋ふれあいセンター」で遊んでいると、能登町小木の「とも旗祭り」のパンフレットを手に入れる。「あれっ、これ今日だよ」という事で急いで小木の港へ車を走らせる。
小木港ではちょうど港内巡航が行われいて、その姿に感激!なんたって拙者の大好物、船とのぼり旗が幾重にもたなびいているではないですかー!小さな港の祭りですが、心を打たれました。
IMG_0119_20080517201930.jpg

あー満足して、今日の宿は穴水町です。
「キャッスル真名井」さん、夕日を見ながら入る風呂(穴水湯ったり館と併設)と湾を見下ろすレストランで食べる夕食が美味でした。 夜には子供たちが天文台で土星を見せてもらったそうです。
そういえば能登で見る星はきれいだね。
IMG_0121.jpg

IMG_0122_20080517202000.jpg


5/4
能登の旅、最終日は穴水から七尾まで朝イチで走ることから始まった。
七尾市中心部で今日は「青柏祭」が行われます。この祭りの主役「デカ山」が見たくて車を飛ばします。朝9:00到着、意外にも市内は渋滞もなく、すんなり食祭市場脇の駐車場に入れた。
古い町並みが残る七尾の街をブラブラ行きますが「デカ山」は通過した後・・・「道に落ちた油を追ってくとデカ山がいる」と地元の人に教えられて進みます。
IMG_0124_20080517202112.jpg

IMG_0125.jpg

いました いました「でーかーやーまー」街の角を「エンヤーエンヤー」と曲がっています。
IMG_0130_20080517202122.jpg

我々も綱を引かせてもらい大満足でした。 デカ山、曲がり角を越えて「わっしょい、わっしょい」と走り出すときが最高ー! 安土桃山を感じました。
IMG_0150.jpg

IMG_0155.jpg

電信柱よりもデカい!!

七尾城を眺めながら峠を越えて富山県へ。昼食は「8番ラーメン」石川県中心のチェーン店と思う、野菜たっぷりで美味です。北陸自動車道の小杉ICから一気に走り、夕方には松本へ。
IMG_0168.jpg

松本城を散歩して、スーパー銭湯でのんびり。 中央自動車道の渋滞を避けるため4時間ほど時間をずらしたつもりだが全然効果なし!! 日付を超えても25kmの渋滞です。
結局、自宅到着はAM3:00。疲れたー。

能登は拙者の故郷 東紀州みたいな感じで「海と山」と思っていたんだけど
実際に行ってみると表情はかなり違った。 山が低い、意外に農地が多い。 けっこう人が住んでいる?
能登に行くときは「祭り」を狙って行くのがお勧め。 きっと心を打たれますよ。
今年のGW旅行は「能登」、今まで一度も足を踏み入れていない「能登半島を1周してしまおう!」という計画です。

宿を予約したのは1月前です。5月2日と3日の2泊をリーズナブルな公共の宿で予約しました。
1月前でもさすがはGWです。どこも満室・・・やっとおさえられました。
やれやれ・・・ちょっと待てよ・・・5月2日は子供は学校ある日でしたー!
しょうがない「社会勉強だ・・・休みなさい。」と親の都合を子供に押し付けました。
ウチの子達は年に数回、この「社会勉強休暇」を使います。

仕事もひと段落して、6連休へ突入ー。
・5/1
夕方、東京出発するが30分後にTSUTAYAにDVDを返すのを思い出してUターン。
さて気を取り直し環七、関越、上信越、長野道と走り続けてPM9:00頃腹が減ったのでS・Aで飯を食おうとと東部湯の丸へ・・・レストラン閉まってました。
とほほ・・・今日の夕飯は「チンする焼きおにぎり」です。
日付が変わる頃には金沢の手前「不動寺P・A」に着いて仮眠をとりました。
ここのPAは小型車の駐車位置が独立した場所にあり、非常に静かに眠れた。
それにしても日本海側に出てから金沢までが遠い、遠い。

・5/2
朝焼けの金沢に到着、5:30に朝日がまぶしい24hマックで朝飯。
市内をぐるりと廻って、石川県立歴史博物館に駐車します。まだ、開いていないので徒歩で早朝の兼六園、金沢城めぐり
IMG_0013_20080517201720.jpg
IMG_0023_20080517201726.jpg

人がいなくて静かで涼しくて、いい気持ちです。
金沢城は2度目の訪問なので、石垣を中心に観ました。IMG_0040_20080517203101.jpg
IMG_0032_20080517201729.jpg
IMG_0034_20080517201733.jpg
IMG_0048_20080517201805.jpg

このコースで金沢満喫です。子供たちも元気についてこれましたが、結構歩いたね。
博物館では火起こ体験が面白かったようですが、拙者は大好物の甲冑展示が皆無でがっかりでした。最大の見所は博物館の建物自体の古いレンガ造りでしょう。
-2.jpg

午後は、いよいよ能登へ・・・。かほく市街の回転寿司で昼食、石川県は回転寿司のシステムを作っている大きなメーカーがあり、技と味を競っているそうです。
この店もタッチパネルで注文した皿が新幹線で運ばれてくるという面白いシステムでした。
味も値段も満足だったようです。(拙者は生もの嫌い)。
なぎさドライブウェイという硬い砂浜を走って気持ちよく能登半島を北上。でも塩害で車が痛むー!!
今夜のお宿「能登小牧台」に16:00到着。
海が見える露天風呂につかり、広くてきれいな和室でビール・・・。 この旅で最高のときです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。